◇先月までは、軽目の乗り馴らしの傍ら、昼夜放牧による馬体の成長促進を図ってまいりましたが、この中間より、本格的な騎乗調教に移行させて頂いております。

 

*この中間(10/21~11/20)の主な管理経過

~11/4:昼夜放牧(16:00~6:00)ならびに軽目の乗り馴らし

11/5:本格的な騎乗調教に移行するため、これまでの豊郷分場より、日高町・富川東の本場に移動。

〔現在(11/20時点)の主な調整メニュー〕

角馬場での準備運動(長目の常歩、速歩、ハッキング)の後、

坂路主体での軽目キャンター調整

※調教時は7~8頭程度、2列縦隊主体での集団調教。

 

 

【調教時の状態】

上記で触れている通り、この中間は管理場所を、豊郷分場から本場に移動させて頂き、徐々に調教を強化させて頂いておりますが、現状のメニューにも対応できており順調です。

騎乗させていただいている感触といたしまして、本場に移動してまだ日が浅い分、周囲の調教環境の変化に多少物怖じするような、ところどころでこの時期特有の初々しさは見られますが、総じて見れば騎乗開始当初の好印象をそのままに、若駒のこの時期にして無駄な所作の少ない ‘優等生’ で、利発な一面から騎乗者の扶助に従順で操作性に難が少なく、多頭数での調教(馬混み)にも柔軟に対処できておりますし、その他、体力面にも問題はございません。

以上の点からも、まだ周囲への物見・物怖じが目立つ、他の若駒達を引き連れてのリード・ホースを務める事もあり、この先も順次調整を進めていけるものと見込んでおります。

 

 

【体調面・馬体各部位の状態】

体調面につきましては飼葉食いを含め良好で、馬体各部位にも問題はございません。

馬体につきましては、調整を継続している最中、この中間は体重の方に顕著な増加が見られる点が好材料で、先月から一回りフックラとしてくれております。

 

 

【当面の予定】

成長途上であるご愛馬の心身に配慮しながら、徐々に調整を進めてまいります。

※11月6日には谷調教師にご愛馬の状態を確認いただいております。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Optionally add an image (JPEG only)